女性と赤ん坊

日頃から清潔にしておこう|乳児湿疹になる原因

きちんと消毒を行なう

哺乳瓶

哺乳瓶でミルクを飲ませる際には温度に気をつけましょう。飲ませる際には頭を身体より高い位置にし、飲ませた後はげっぷさせます。赤ちゃんは大人に比べると免疫力がとても低いです。そのため哺乳瓶は使用したら毎回消毒する必要があるのです。

もっと読む

人気の借りる方法

ベイビー

期間限定でしか利用しないベビー用品の使い方で最近人気になっているのがレンタルです。インターネット上にはベビー用品をレンタルすることができるお店が数多くあります。まとめて借りればよりお得に借りることができます。

もっと読む

赤ちゃんと車に乗るには

赤ちゃんと女性

6歳未満の子供にはチャイルドシート着用が義務ですが、帰省や旅行時、乳児用が欲しい時などはレンタルがおすすめです。チャイルドシートをレンタルする際は早めに予約し、種類や価格などを比較し、レンタル期間をよく考えましょう。賢く安くチャイルドシートを手に入れましょう。

もっと読む

赤ちゃんの湿疹対策

乳児

湿疹を防ぐには

乳児湿疹は、生後間もない赤ちゃんが頬などに湿疹ができてしまう症状です。赤ちゃんは皮脂を分泌する機能が盛んな状態となっているため、湿疹が起こりやすくなっているのです。決して異常な症状ではありませんが、湿疹ができてしまうと不衛生かつ赤ちゃんが掻きむしってしまう可能性があります。これを防ぐためにも、肌を常に清潔にするようにし、乳児湿疹専用のクリームを使用するのがおすすめです。これは乳児湿疹の原因となる多量の皮脂を、専用のクリームが優しく抑える作用を持ちます。肌の炎症を防ぎ、赤みをなくしてきれいな状態にしてくれるのです。これで乳児湿疹が目立たなくなり、痒みもなくなって赤ちゃんにとっても快適な状態になれます。この専用のクリームは、赤ちゃんにも使える成分となるので、安心して使うことができます。べビー用品店やドラッグストアなどで販売されているため、いつでも購入ができます。

肌に合わないとき

乳児湿疹に使えるクリームは、抗菌作用が含まれますが刺激は弱くなっています。そのため痛みもなく、自然と症状が抑えられる効果があります。しかし、中にはクリームが赤ちゃんの肌に合わない場合もありえます。赤ちゃんの肌は極端にデリケートで、それに合わせたクリームとはなっていますが、人それぞれ肌質は異なります。使い続けていくうちに症状が悪化してしまったときは、すぐに使用を止めなければいけません。他のクリームを試してみる方法もありますが、赤ちゃん専用以外のものは使わないようにしましょう。クリームが合わなければ、1度病院で診てもらった方が一番安心できます。クリームを肌に塗るときは適度な量を心がけ、その後も赤ちゃんが掻きむしらないように気を付けなければいけません。