赤ん坊

日頃から清潔にしておこう|乳児湿疹になる原因

赤ちゃんと車に乗るには

赤ちゃんと女性

退院時から必要です

6歳未満の子供を車に乗せる場合、チャイルドシートの着用は義務です。違反すると1点引かれます。そもそもチャイルドシートは、大きく分けて3つの種類に分けられます。主に1歳未満の乳児用、1歳〜5歳程度の幼児用、そしてもう一つは6歳以上の学童用です。さらにその中でも、乳児幼児兼用や幼児学童兼用、着用義務期間をすべてカバーするもの、シートベルトがきちんと着用できるようになるまで(身長140cm程度)をカバーするものなど、その種類は豊富です。乳児用は横になることができ、そのままキャリーとして使えるなど、多機能なものもあります。赤ちゃんには快適ですが、使用期間が1年と短いのが欠点でしょう。出産後、退院して自宅に帰る際、車に乗るならその時からチャイルドシートは必要ですので、妊娠中に準備しておく必要があります。また、乳児から身長140cm程度まで使えるものは、新生児のうちから使えますが、乳児用のものと比べると快適さは劣りますので、レンタルするのもおすすめです。ちなみに、里帰り先などで車に乗る場合も、レンタルが最適でしょう。自治体によっては無料で貸し出しをしているところもあります。

業者探し

チャイルドシートをレンタルする際は、早めに予約しましょう。人気がある商品ならいざ借りたい時にレンタル中の場合もありますし、退院の際に間に合わなければ車に赤ちゃんを乗せることはできません。インターネットでレンタル業者を探す際はよく検討しましょう。種類と注文してから届くまでの期間、価格などで違いがあります。また、レンタル期間も1日ごと、1週間ごと、1か月ごとなど異なります。ずっと使いたいのか、帰省や旅行など短期間でよいのかなどをよく考えましょう。業者によっては座席への着用方法などを教えてくれるところや、店舗が多く店舗受け取りで送料がかからないところ、日数によっては割引があるところなどあります。賢く安くチャイルドシートを手に入れましょう。